子供の脱毛が最近できるケースがあるようです@でも本当に大丈夫!?

子供の脱毛が最近できるケースがあるようです@でも本当に大丈夫!?

今どき子供脱毛は当たり前?

ムダ毛処理は時代を問わずに多くの女性が悩んできたものであり、最近では男性でも脱毛に関する関心が広まりつつあります。

しかし、脱毛に関する悩みは大人ばかりかと思いきや、最近では子供の脱毛にも関心が高まりつつあり、脱毛サロンでも子供脱毛が行なえるところが出てきました。子供に脱毛を行なうのかとビックリされる親も多いかと思われますが、小学校の高学年くらいの女子になると、成長のため体毛の変化も見られます。

また、キッズタレントやモデルなどの影響により、きれいな肌でいることが当たり前という風潮があるので、少々毛深い体質の子がいると、イジメの対象や本人が過度に気にしてコンプレックスを抱えてしまうといった現状があるそうです。

そうすると、その現状を改善したいと願う親も多くなってきており、現在子供脱毛は需要が高まりつつあるようなのです。

親の世代でも、子供時代から毛深さに悩んだ、水泳や体育の着替えでムダ毛が気になり憂鬱だったという経験を持つ人も多かったでしょう。そのような経験から、子供には悩んで欲しくないという思いも働くのかも知れません。

しかし、全国どこでもそのような考え方かというと、その多くは都心部に集中し、地方ではまだそこまで考えられていないというのも事実です。

子供脱毛ができるサロンが地方には少ないということもありますが、これからタレントやモデルを目指すという子は、親の方から積極的に脱毛施術を受けているようです。

子供の脱毛は何歳から?

子供に脱毛をさせたいと考える方も多いでしょうが、子供脱毛はいったい何歳からできるのでしょうか?ここでは、子供脱毛を扱うサロンで行なわれているケースで紹介をしてみたいと思います。

子供脱毛に関する年齢については取り扱っているサロンにより若干の違いがあるようです。しかし、基本的にワキ脱毛の場合であれば年齢制限はないと言われています。そのため、ワキ毛が生えたら何歳でも大丈夫という考え方なのです。

しかし、だからと言って小さな子供に遠慮なく施術をして良いのかというとそういうわけでもありません。いち早く子供脱毛を手掛けたサロンでは7歳からの利用ということで紹介をしています。

また、まだ低年齢の場合、大人と違って皮膚も薄く完全ではありません。そのため、ワキくらいのごく限られた範囲であれば可能でも、腕や脚などの広範囲に渡る脱毛はお勧めしないという場合もあります。これについてもサロンにより対応が違いますので、確認が必要でしょう。

また、多くのサロンでは15歳〜16歳くらいからの利用という制限を設けているところが多いです。きちんと脱毛の仕組みや施術に対する心構えなど状況を理解して行なうためには、やはりこのくらいの年齢からが精神的な苦痛も少なく行なえることでしょう。

しかし、未成年の場合は親権者の同意が必要ですし、成長による身体の変化もあります。なによりも費用がかかるため金銭感覚がマヒしないよう、利用には慎重になることも必要です。

和牛通販の方が店舗で購入するよりも安い傾向にあります

子供脱毛ができる可能な部分

子供脱毛が行なえる脱毛可能範囲は大人同様にできるのかというと、そうではないようです。ここでは、子供脱毛が行なえる範囲について紹介をしてみたいと思います。

子供は皮膚が弱いので、年齢が若いほど広範囲の脱毛施術は肌トラブルの可能性を高めてしまいます。しかし、最近では子供脱毛が安全に行えるような脱毛機器の技術が進んできているので、大人ほどまでではないにしろ、ほぼ全身が対応可能というサロンも出てきているようです。

しかし、傾向としてはワキ脱毛や脚、腕のムダ毛処理など部分的な脱毛が大半を占めており、全身というニーズはまだ少ないようです。また、顔脱毛については、サロンにより安全面や技術面から可能としていないサロンも多いですが、鼻の下部分の産毛を処理してほしいというニーズも高いそうです。

また、子供脱毛は女子の対応ばかりではなく男子でもニーズがあるようで数は少ないものの希望をする子もいるということです。サロンにより男の子の対応が可能という場合もあるようなので、もしも検討をしている場合は一度問い合わせをしてみるとよいでしょう。

しかし、いくら全身が可能といっても子供にとっては時間もかかり忍耐が必要です。今後の成長次第では体毛にも変化が考えられるので、せっかく脱毛をしてもムダ毛が再生をする可能性もあります。費用の面でも全身は高価なものとなりますから、初めはピンポイントの脱毛から始めていくとよいではないのでしょうか。

実際の脱毛効果とは

子供脱毛で気になる事といえば、脱毛の効果はどの程度なのだろうかという点でしょう。ここでは子供脱毛についての効果を考えてみたいと思います。

まず、子供脱毛に用いられる方法は光脱毛が基本となっているようです。この方法は光の性質を利用した脱毛方法ですが、脱毛効果は時間差で現れることかと思われますが、その効果は永久的とはなりません。

また、子供用に脱毛機器も調整をしているでしょうから、大人の機器と比べても同じ効果は得られにくい部分もあるかも知れません。

もともと光脱毛は永久脱毛が難しい方法ではありますので、一度利用をしたら二度と生えてこないという期待は持たない事が賢明です。

永久脱毛を願うのであればレーザー脱毛と呼ばれる医療機関で行なう方法もありますが、こちらはムダ毛の再生率はグッと下がりますが、施術時の痛みは大きいので子供には苦痛となってしまうでしょう。

そして、もうひとつは子供の年齢からまだ成長途中であるという点です。成長ホルモンにより大人へ向かっていく段階なので、これからも身体の変化は起こりえます。そのため、ムダ毛も成長の途中として仮にも子供脱毛で処理をしてもホルモンの影響により、再び立派な毛が生える可能性は高いのです。

子供脱毛を利用してもすっかりきれいにムダ毛が無くなるという可能性は低いと考えて良いでしょう。このような点を踏まえ、利用をするかどうかをよく考えてから利用をすることの望ましいです。

子供脱毛とホルモンの関係

子供脱毛については、その効果がホルモンとの関係に密接しています。現在利用可能な年齢は7歳くらいからの受け入れができるサロンもありますが、その利用はよく検討してから行なうことが望ましいと思われます。

サロンで行なえる子供脱毛は光脱毛ですが、子供用に開発をされた脱毛機器といえども、施術時の痛みは子供の体質により感じ方が違うと思われます。

まず、そのような痛みに対する不安や、慣れない場所での慣れない施術に精神的に耐えられるかどうかというと、7歳くらいの子でも心構えに差が出てくることでしょう。そして、これから高学年、中学生に向かって成長ホルモンは著しく変化をし、身体は大人へ向かって準備を進めていきます。

思春期に入るとご存知の通り、それまで無かった体毛が生えてきて、ワキ毛やアンダーヘアが目立ってきます。男の子であればスネ毛なども目立ってきてしまいます。

その発達途中での子供脱毛は、それまで産毛であった部分に脱毛施術を行なったとしても、ホルモンの増量によりさらに濃い毛が生えてくるという事が十分考えられるのです。

また、ホルモンの量も一定ではなく成長途中は非常に不安定でもあります。そのため、ちょっとした刺激でも肌にトラブルを引き起こす可能性も十分に考えられます。このように、肌へのリスク精神的な負担、そしてホルモンバランスの関係などから、決してメリットばかりではないということを理解し利用を検討しましょう。

バルクオムは男性用コスメです


ホーム RSS購読 サイトマップ